子どもが成長すれば、大学進学に何百万円という、まとまった教育資金がかかります。
学資保険は、比較的お金がかからない時期から将来のために保険料として貯蓄し、必要な年齢に達したときに利息付きのお金をもらえる仕組みです。

もしも、親に万一のことがあったり、重い病気にかかった時、子供の未来まで閉ざされるのでしょうか?
学資保険をはじめとした保険は、そんな不安を解消する”お守り”のようなものです。

孫孫

私も子どもを持つ親ですが、最近はお父さん・お母さんはもちろん、
<u>可愛い孫のために「学資保険」をかけたい</u>、という祖父母さんがとても増えているそうです。

将来、子どもが大きくなった時にお金がなくて
「好きな学校にいけない」
「好きな仕事に就くのを諦めなくてはいけない」
ということが無いようにしてあげたい、という想いがあるのですね。

うちは結局、私たち両親が学資保険に加入しました。

しかし、赤ちゃんがいると何かとお金もかかるため、もし甘えられるなら、祖父母に加入してもらうのもおすすめです。

祖父母名義の場合、プランによって「年齢制限」や「同居が条件」という制限がありますので、保険の相談員に相談して加入可能なプランを教えてもらうのが得策です。

教育費がいくらかかるかご存じですか? 保険のビュッフェ

学資保険のメリット・デメリット

学資保険をかけるメリットは、大きく3つあります。

  • お金を増やすことができる【貯蓄】
  • 一家の大黒柱に万が一のことがあった場合、養育費が救済される【保障】
  • 保険に支払う分は控除される【税金対策】

です。

お金

お金を増やすことができる【貯蓄】

銀行にお金を預けている方も多いのですが、学資保険は定期預金よりもずっと利率が高いため、お金を効率的に増やすことができます。 大学入学や高校入学には、まとまったお金が必要ですから、この高利率はとても助かります。

一家の大黒柱に万が一のことがあった場合、養育費が救済される【保障】

毎月保険料を納めているあなたに万が一、不幸があった場合、それ以降の保険料は支払う必要がなくなります。 その上で、お子さんは満額の学資金を受け取ることができます。 上記以外に、育英年金という子ども向けの年金を受け取ることができるプランもあり、学費や生活費をサポートしてくれます。

保険に支払う分は控除される【税金対策】

学資保険は生命保険の一種であるため、生命保険控除の申請ができます。 控除の申請をすれば、学資保険分が所得から差し引かれて、住民税や所得税が減額されます。 私の祖父母も贈与税に対して、保険の相談員の方に相談していました。

経営母体も大手中心

経営母体も、昔からずっとある郵便局(現かんぽ生命)、日本を代表する企業であるソニー生命など、安心できる企業が運営しています。 また、仮に保険会社が倒産しても学資保険はなくならないと法律で決まっています。

お金

学資保険は貯金ではないため、「使いたいときにさっと引き出しにくい」ことがデメリットとして言われます。 しかし、高利息でお金が増え親がもしもの時の保障もあるのなら、使わない手はないのではないでしょうか? 以下のような方には、特におすすめします。

  • 安定した収入・貯金があるものの、手元にお金があるとついつい使ってしまう方
  • 銀行に預けていても利息がゼロに等しい状態を続けているのがもったいない方

ついついお金を使ってしまう

後ほど詳しく書いていますが、 現代の高校生にアンケートした結果、以下のことがわかりました。(日本経済新聞より) 高校卒業してすぐ働こうと決めた子供たちの半分以上が、実は「夢があって進学したかったが、経済的な理由で諦めた」と答えているのです。 (日本経済新聞より)

 

学資保険に加入していると、あなたに万が一の不幸があった際にも、お子さんは他人のお子さんと同等に近い教育を受けることができます。 これは可愛いお子さんの”夢”を守ることであり、非常に意義深いことだと、私は親として思っています。 学資保険は、各社がさまざまなプランを出しています。 ぜひ、ご自身にあった保険の相談に行かれてみてはいかがでしょうか?

 

ご相談される際のポイントですが、保険会社の営業マンに相談しないことです。 その保険会社に所属している関係から、あなたにとってベストな選択肢ではなく、自社商品をすすめられる傾向にあるためです。



そこでファイナンシャルプランナー(FP)という、公平な立場から無料で相談に乗ってもらえる保険のプロの人たちがいます。

↓↓↓

教育費がいくらかかるかご存じですか? 保険のビュッフェ

私たち夫婦が相談した保険のビュッフェさんですが、 自宅や自宅付近に来ていただいて相談する「訪問型相談」と、店舗に行って相談する「来店型相談」のどちらでも受け付けてくれました。 はじめて話を聞いた時は、すぐには決められませんでしたが、数回会って丁寧に相談して頂けました。 あらゆる保険会社の保険商品に詳しいため、ここで言っちゃっていいのかわからない裏話も含めて、わかりやすく教えてもらえました。

 

学資保険が必要な理由

長引く不況により、大学に行きたくても進学を諦めざるを得ず、苦しんでいる子どもたちがいます。

経済的な理由で進学をあきらめる子供たち

では、どのくらいの子供たちが、経済的な理由で大学進学を諦めているのでしょうか? 2013/12/15付、日本経済新聞です。

新聞

あしなが育英会(東京)は15日までに、奨学金を貸与している高校生遺児らの世帯を対象にした調査で、経済的理由で進学を断念し就職を選択する生徒の割合が、2年前の調査より大きく増えたとする結果を発表した。 教育費は67%が「不足している」と答えており、困窮する遺児世帯の実態が明らかになった。 高校卒業後の進路希望は、大学や短大が最多の39%、次いで就職が27%。 就職希望者のうち経済的理由で進学を断念したとの回答は53%で2年前より13ポイント上昇した。 親が失業中の世帯は10%、働いていても正規雇用は31%にとどまり、非正規雇用が58%だった。 10月の平均月給は手取りで約13万7千円。子どものアルバイトで教育費をまかなっている世帯も25%あった。 11月、高校奨学金を貸与している全3464世帯にアンケートを郵送、2273世帯が回答した。〔共同〕

これは衝撃的な結果ではないでしょうか? 高校卒業してすぐ働こうと決めた子供たちの半分以上が、実は「進学したかったが経済的な理由で諦めた」と答えているのです。

大学進学に必要な学費

大学に行くためにはいくらかかるのでしょうか? 実は大学授業料は、どんどん上がっているのです。

大学授業料の推移

大学授業料の推移

一番入学者数が多い私立大学(文系)では、初年度だけで110万円以上。 その次に多い私立大学(理系)では、初年度だけで150万円以上かかります。

大学の初年度にかかる費用

大学初年度学費

4年間にかかる授業料は、私立大学(文系)では、4年間の授業料が360万円以上。 その次に多い私立大学(理系)では、4年間の授業料が490万円以上かかります。

大学4年間でかかる授業料

大学総学費

子供一人当たりの金額ですから、兄弟や姉妹がいる家庭では、かなりの負担になることが予想されます。

借りた奨学金が返せない実態

大学の授業料には「奨学金」という制度がありますが、卒業後にその奨学金を返せずに苦しんでいる子どもたちが、全国に33万人もいると言われています。 NHKの『クローズアップ現代・奨学金が返せない』 という番組で特集されたのは、奨学金が返せず、苦しむ子供たちの姿でした。

奨学金返せない

(放送日:2010.10.01)

番組では、京都に住む女性に焦点をあてています。 彼女は「司書」の資格を取得するために大学に進学しました。 その際に奨学金を利用します。 しかし、卒業後に正規職がなく、1年契約の司書として働きましたが、月収の手取りはわずか10万円。 そのうち2万円を奨学金の返済に充てなければならず、生活が行き詰まります。 なんとかしたいと副業を始めますが、体力的にきつくなり、体調を崩してしまいます。 結局、夢だった司書とは違う職に就いたと言います。

大学受験を控えた高校生の声

そうした状況もあり、子どもたちは大学進学前から苦しんでいます。 以下は、経済的な理由で大学に行っていいのか悩んでいる高校生が、大学受験に当たって自身の気持ちを書いたものです。

手紙

私の家は本当に貧乏です。 家賃や光熱費、食費など、生活に最低限必要なものを支払うだけで手一杯で、口座の残高は常に千円か百円単位です。 母子家庭で、父は他界してからは、生活は苦しく、 少ない家具や母の思い出の指輪などを質屋にだし、なんとか食いつないでいるといってもいいくらいです。 なので、わたしは国公立大学への進学を希望しているのですが、そのお金すらないです。 奨学金は、所得が少ないこともあり第一種の無利子奨学金を4月から受けれることになっています。 しかし、その大学が県外で、田舎なので家賃は安いですが、バイトしても、きっと全部自己負担はできないと思うんです。 でも、それを伝えると親は、私が死んで保険金もらうしかないね、とか おまえを大学にやる金はない、とか、そんなことばかり言われます。 苦しいくらいわかってるんです、無理言ってることくらい。 でも、それでも学びたいんです。 そこの大学でやりたいことがあるんです。 もう、センターまで少ししかないのに、毎日こんな調子で 私は本当に大学にいっていい人間なのか、わからなくなりそうで怖いです。 自分のことがきらいです。どうすればいいのかわからず、毎日泣いています。

親に万一のことがあったり、重い病気にかかったとき、子供の未来まで閉ざされるのでしょうか?

もし1円でもゆとりがあれば、子どもの将来のために、お金のプロであるファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。

↓↓↓

教育費がいくらかかるかご存じですか? 保険のビュッフェ

 

学資保険について

学資保険とは

子供の将来に必要な資金を貯蓄することを目的とした保険です。 大学入学、高校入学など、まとまったお金が必要な時期に、「祝い金」や「満期学資金」として返ってきます。 学資保険を使うメリットは、

  • 支払った保険料よりも、お金が増えて返ってくること
  • 病気や不幸など、親に万一のことがあった場合、保険料の支払が免除され、「祝い金」や「満期学資金」も受け取れること

があります。

学資保険の返戻率とは

返戻率とは、「へんれいりつ」と読みます。 会社によっては、「戻り率」と記載しているところもあります。 私たちが支払った保険料に対して、何パーセント返ってくるか、という割合です。 たとえば、

100万円払って、100万円返ってくれば、100%です。 100万円払って、 80万円返ってくれば、 80%です。 100万円払って、120万円返ってくれば、120%です。

返戻率が100%を切ると、支払ったお金が減るわけですから、「もったいない」と感じます。 しかし、返戻率が低いプランは、親に万が一のことがあった際に、手厚い保障がついています。 逆に、返戻率が高いプランであれば、保障は最低限となります。 貯蓄か、保障か、ご自身のライフプランに合わせてベストな選択をしてください。

大学進学は必要か

今の日本において、大学進学は必要でしょうか? 「今は学歴社会ではない」という人もいますが、企業の社長の出身校を見てみると、まだまだ有名大学の卒業者ばかりです。 また就職活動の現場を見ると、高校卒や中学卒では、そもそも大企業に入ることも困難です。 学歴がない状態で、社長になろうとすると、失敗と隣り合わせの起業をしなければなりません。 とはいえ、大学に行くかどうかは子供の自由。 なにより、「大学に行って学びたいことがある」と考えている子どもの夢を閉ざすことが、親としては避けたいところです。 親がお金で苦労しているのを見て、子どもも苦しむからです。 自分が大学に行って勉強したいと思うことは、親に迷惑をかける悪い事なんだ、と。

 

各保険会社の学資保険についての特徴・口コミ・評判

各保険会社ごとのプランをまとめてみました。 参考にしてみてください。

明治安田生命の学資保険:明治安田のつみたて学資

明治安田のつみたて学資

年齢制限 0~6歳
満期年齢 21歳
月々の保険料 10,323円
合計支給額 200万円
返戻率 107.6%

通常よりも払込み年齢が早く、10歳または15歳に設定されています。 その分、返戻率は高めです。 親の死亡だけでなく、がん診断でも払込み免除を受けられます。

JAの学資保険:JA共済・こども共済

JA共済・こども共済

年齢制限 0~12歳
満期年齢 22歳
月々の保険料 9,044円
合計支給額 200万円
返戻率 108.4%

JA共済の学資保険です。 返戻率が高く貯蓄性に優れています。 また特約で付けることができる医療保障は内容が充実しています。 ただし医療保障をつけると、その分返戻率が下がってしまいますので、「貯蓄」か「保障」を明確にした上で選択されることをおすすめします。

アフラックの学資保険:夢みる子どもの学資保険

夢みるこどもの学資保険

年齢制限 0~5歳
満期年齢 22歳
月々の保険料 5,276円
合計支給額 120万円
返戻率 105.2%

アフラックの学資保険です。 返戻率が高く貯蓄性に優れています。 保険料の払い込みが終わる年齢は、通常は17歳または18歳です。 これを10歳に設定するプランがあり、その場合は上記よりもさらに返戻率が上がります。 日本の教育費は10歳を過ぎると、高くなっていく特徴があるため、そういった教育事情をうまく考えた設計となっています。

ソニーの学資保険:ソニー生命 学資保険

ソニー生命の学資保険

年齢制限 0~7歳
満期年齢 17歳 or 18歳 or 20歳 or 22歳
月々の保険料 9,370円
合計支給額 200万円
返戻率 105.1%

ソニー生命の学資保険です。 貯蓄性重視のシンプルな学資保険となっています。 満期保険金を受け取れる満期年齢を、17歳、18歳、20歳、22歳の中から選ぶことができます。

フコク生命の学資保険:未来のつばさ

未来のつばさ

年齢制限 0~7歳
満期年齢 22歳
月々の保険料 8,897円
合計支給額 200万円
返戻率 110.1%

「返戻率の高さ」 と 「兄弟割引」が特徴の学資保険です。 兄弟姉妹が同じ保険に入れば、保険料が割引になります。 兄弟姉妹が多く、保障よりもとにかく貯めたいという方にはおすすめの学資保険です。

かんぽ生命の学資保険:はじめのかんぽ

はじめのかんぽ

年齢制限 0~12歳
満期年齢 17歳 or 18歳 or 21歳
月々の保険料 8,740円
合計支給額 200万円
返戻率 105.9%

「学資保険といえば郵便局」と言われていた時代もありました。 もともとは手厚い保障が充実した学資保険でしたが、不況の影響もあってか、最近は返戻率が高いプランも出てきています。 他社よりも倒産の危険性が少なく、安心して加入できる保険会社です。 ゆうちょの学資保険と言われる方もいますが、こちらのプランと同じです。

第一生命の学資保険:こども応援団・MICKEY

こども応援団・MICKEY

年齢制限 0~8歳
満期年齢 18歳 or 22歳
月々の保険料 14,158円
合計支給額 300万円
返戻率 98.0%

第一生命の学資保険です。 返戻率が100%を切っていますが、それ以外は完ぺきと言える学資保険ではないでしょうか。 親がもしもの場合の保障がとにかく手厚くなっています。 具体的には、がんや心筋梗塞、脳卒中などの三大疾患病をはじめ、所定の要介護状態になると、保険料の払い込みが免除となり、満期年齢には満期金の支給を受けることができます。

まとめ

各社プランは、契約者が30歳、お子さんが0歳を基準としています。 家庭状況に合わせて、利率の高いプランを選択するのか、保障が充実したプランを選択するのか、無料の保険相談をすることもできます。 どこかの保険会社に偏った意見ではなく、公平にアドバイスしてもらえるため、保険選びには大変役に立ちます。 1度では決めきれなくても何度も相談でき、場所も近くのカフェなど、好きな場所に来てもらえます。

↓↓↓

保険のビュッフェ 無料保険相談申し込み

 

おすすめの学資保険の無料相談ランキング

私に合っているものが、他の人にも合っているかは、言い切れません。 どの保険会社にも属していない、平等な立場で相談に乗ってくれる保険のプロ、ファイナンシャルプランナーに相談するのがベストです。 そんな中でも

  • ベテランばかりを揃えている
  • クレームゼロ

など、本当におすすめできるランキングを掲載しました。

1位:保険のビュッフェ

ファイナンシャルプランナー(FP)の質が非常に高く、安心して相談できます。 平均経験年数7.4年平均相談実績数1,126件FPへのクレームゼロと文句なしです。 学資保険に限らず、生命保険、医療保険などの 専門家・FP(ファイナンシャル・プランナー)がお客さまご指定の場所まで訪問し、無料でピッタリの保険をアドバイスします! その他の保険のビュッフェの特徴は… 1、全国対応(離島をのぞく、47都道府県をほぼカバー) 2、相談までのオペレーションがスピーディ 3、消費者インセンティブが厚い

↓↓↓

JCBギフトカード3000円分プレゼント中!保険のビュッフェ!

2位:マネモ

ショッピングセンターや駅ビルなどの商業施設に出店しているため、行き慣れた場所で、お買い物のついでに気軽に保険相談をすることができます。

3位:保険見直しラボ

更新日:

Copyright© 学資保険比較ランキング2017|大切な子供や孫がお金で苦しまないためには? , 2017 AllRights Reserved.